コンテンツマーケティングはどんな手法でどのようなメリットがあるか

コンテンツマーケティングはどんな手法でどのようなメリットがあるか

webマーケティング用語として注目を集めるコンテンツマーケティングは、導入を検討する企業が増加しています。これまでの集客方法とは考え方が少し異なるマーケティング手法です。

今回はコンテンツマーケティングについての具体的な手法や導入することのメリットを紹介し、導入する際に注意するべきポイントも解説します。

コンテンツマーケティングはどんな手法か

コンテンツマーケティングは新規の顧客を集めることを目的にしたマーケティングではなく、継続的に訪れる優良顧客を集めることを目的したマーケティング戦略です。

具体的にどのような手法を実施するかというと、まず顧客が興味をもってくれるようなコンテンツを提供し続けることによって集客を狙います。

そして、コンテンツを顧客に読み続けてもらうことによって自社が提供するサービスや商品の理解を促し、集客と売上につなげていきます。このような手法が、コンテンツマーケティングです。

提供するコンテンツは商品を販売することを目的にしたものではなく、商品のことを理解できる内容であることが大事です。検索エンジンや顧客は商品を不自然に売り込むような誘導を避けます。

顧客が嫌ってしまうと商品が売れなくなってしまうだけでなく、サイトに訪れる人自体が少なくなってしまうので注意が必要です。

資産を蓄積していけるのがメリット

web広告で集客したとしても、長い目でみるとその効果は一時的なもので終わります。広告の出向期間を過ぎれば、インプレッションされることがなくなって誰も見なくなるからです。

これに対してコンテンツマーケティングは、資産としてコンテンツを蓄積できるようになります。魅力的な内容のコンテンツを更新していけば資産はどんどん蓄積していき、集客につなげることが可能です。

さらに蓄積された資産はインターネット上に長期間残ります。

これが、コンテンツマーケティングにおいて重要なポイントであり、web広告にはないメリットです。SEO対策も同時に行えば検索エンジンの上位にサイトが表示されやすくなり、サイトに訪れる人も増えやすくなります。

コンテンツマーケティングが成功すれば、このような良いサイクルを作っていくことが可能です。

予算が少なくてもコンテンツマーケティングは始められる

コンテンツマーケティングはweb広告と比べると、少ない予算で始められるのがメリットです。クリック課金や成果報酬など、web広告を掲載する場合は数十万の予算が最低でも必要になります。

それに比べてブログで行えるコンテンツマーケティングは、0円から始めることが可能です。アクセス数を増加させたい場合は外注でSEO対策を依頼するなど相応の予算が必要ですが、始めるだけなら無料で利用できるブログでも問題ないです。

コンテンツと情報を発信するための場所を用意するだけなので、他のマーケティング手法と比較して導入する際のハードルがとても低く、低予算でコンテンツを制作できるのがコンテンツマーケティングのメリットです。

また、コンテンツマーケティング自体の外注をできる企業もありますが、web広告と比べると安く発注できます。

サービスを知ってほしい顧客にターゲットを絞ることが可能

一般的なweb広告の場合、ターゲットではない人に広告が表示されることも多いですが、コンテンツマーケティングならターゲットをあらかじめ絞ってから運用を始めることができます。運用を開始する際にペルソナを設定してから、そのペルソナがネットで検索しそうなキーワードを選び、キーワードにあったコンテンツを更新していきます。

このような方法で運用することによって、ターゲットに高い確率でコンテンツを届けることが可能になります。 さらに、ソーシャルメディアでシェアされることが多いのもコンテンツマーケティングのメリットです。

コンテンツがシェアされれば、インプレッションを1円もかけずに増やしていけます。魅力的なコンテンツであるほどシェアされやすく、人から人にコンテンツが連鎖して伝わっていきます。多くの人がコンテンツを知ればこれまでサービスを知らなかった人が、サイトに訪れる可能性もアップします。

コンテンツマーケティングを始める前に知っておくべきこと

いろいろなメリットがあるコンテンツマーケティングですが、始める前にいくつか注意すべきポイントがあります。 まず低予算で始めることは可能ですが、効果を実感できるまで時間がかかることが多いです。特に運用を始めたばかりのころはコンテンツがまだ充実していないので、訪れる人も少なくシェアされる機会もほとんどないです。

問い合わせがあるまで数ヶ月は期間が必要だと考えておきましょう。 またコンテンツを外注せずに作っていく場合、情報収集を行って文章にするための手間や時間がかかります。

どんなコンテンツが必要なのかを把握するためには、トレンドをキャッチできるようにアンテナを張ることも大事です。さらにユーザーが自社のコンテンツのことを忘れないようにするためには、情報を高い頻度で発信する必要もあります。そのため、まずは社内でコンテンツを効率的に生み出せるような体制作りを行いましょう。

環境を整えればコンテンツマーケティングのメリットを活かして集客アップを狙える

コンテンツマーケティングを始めるためには、コンテンツをつくるためのノウハウやSEOに関する知識などが必要です。地道な努力を続けていく必要がありますが、多くのメリットのある可能性を秘めた戦略であるといえます。

まずはコンテンツマーケティングならではの魅力を活かせるように知識を身につけて、最適なwebマーケティングの実現を目指しましょう。

コンテンツマーケティングはどんな手法でどのようなメリットがあるか