Instagram(インスタ)を使って飲食店の集客をする4つの基本

Instagramを使って飲食店の集客をする4つの基本
  • 「Instagramを使って集客したい!」
  • 「Instagramで店舗のイメージを伝えたい」
  • 「上司の命令で集客用のアカウント運用を任されてしまった。」
  • 「インフルエンサーのひとってどうやれば来てくれるの?」

などなど、SNSの中でもとりわけ難易度が高いと思われているのがInstagram(インスタグラム)ですね。

企業としても個人としても運用方法がイマイチ分からず、何と無くアカウントはある状態の所が多いのが事実です。そこで今回は5つの基本的なinstagramのポイントを抑えて、運用アカウントの土台を作っていきましょう。

「インスタ映え」や「フォトジェニック」という言葉もこの記事を見れば理解出来るようになります。

Instagramプロフィール欄の上手な活用

フォローをするかしないかの判断基準は、実はプロフィールで決まります。いくら好みの写真が上がっていても、最終的な判断はプロフィールで決めるという人が多いのです。

こうした、プロフィール欄に店舗の情報を細かく記載し、そこから来店に誘導するという姿勢が集客において超重要。

Instagram集客に必須の要素です。

所在地は都道府県よりもさらに細かく出した方が小さな店舗の場合は効果的です!

また、URLやお問い合わせへの導線があることも信頼感に繋がりますので、もしWEBサイトを持っているならぜひURLを載せておくのも忘れずに。

定休日のお知らせや、営業時間なんかも個人的にはあると嬉しいですよね?そういう細かい所がコツコツフォロワーを増やす秘訣ですよ。

Instagramで統一感を作り上げる

統一感のあるアカウントを目指しましょう。

集客用のアカウントを見切り発車ではじめてしまうと、全然統一感が出ない事が多々起こります。instagramは他のSNSと違い美意識や統一感というキーワードが非常に重要です。集客をするためにはファンを増やす事がまず第一歩ですから、必ず統一感を忘れないで下さい。

統一感を出すとなると、問題になってくるのは投稿の数です。

あまりにこだわりすぎると投稿の数が減ってしまい、不安になってしまう人もいるでしょう。

しかし、ここは我慢の時です。

もしも良い写真がないなら、アップせずに統一感を優先しましょう。

もちろん、当然ながらマメに投稿する方が良いです。

積極的に活用する事がフォロワーを増やす鍵です。

ですから、たくさんのフォロワーを増やすために「統一感」のある「良い写真」をたくさんアップしましょう。くれぐれも優先順位を間違えないで下さいね。

Instagramでは宣伝感をひた隠しにする

Instagramのヘビーユーザーは広告宣伝に飽きています。

  • プロモーションだな。
  • 広告だな。
  • 集客したいんだね。

というのが表に出すぎるとなかなかファンが付いてきません。

特に飲食店では、店内の様子をあげるときも、何かのイベントの写真をあげるときも、それを少し加工してお洒落にしてあげる工夫が必要です。

それをそのままあげてはいけません。

よくある手法としては、写真はめちゃくちゃお洒落に加工したものを使用し、本当に伝えたい宣伝部分はテキストで少しだけ入れるというものです。

これならタイムラインに出て来てもあまりうっとおしくならないし、興味のある人にターゲットを絞って伝える事が可能になります。

Instagramハッシュタグキャンペーンをしてみる

これは今回の中では少し応用編です。

というのもあまりにファンが少ない状態でこれをやっても集客効果がほぼゼロだから。

ハッシュタグキャンペーンをとりあえずやろう!という企業やお店はかなり多いですが、

実際にうまく活用できているケースは相当少ないです。理由は思ったよりみんな参加しないからです。

ここで飲食店の皆さんは、チャンスがやって来ます。

飲食店の強みのひとつは「来店してくれたらトッピング無料」とか、「大盛りサービス」「デザートサービス」と言ったパワーワードが使える事です。これは直接集客に繋がりますし、逆に全く効果がなかったとしても、効果測定がすぐできるので反省を即生かせます。

ハッシュタグキャンペーンは飲食店のキラーツールになれる可能性を十分に秘めていますので、ぜひみなさんも活用してみて下さいね。

まとめ:Instagramは簡単ではない

Instagramの活用は簡単ではありません。すでに参入している企業もたくさんありますから、今からフォロワーを増やして行くのも結構大変です。しかし、自分の世界やお店の世界観を完璧に伝える事ができるのもInstargamの良い所です。

コンセプトが重要な飲食店であれば、その雰囲気を損なう事なく、お客さんに伝える事ができる最高のSNSでしょう。ブランディングするのが苦手なのであればプロに任せることもおすすめします。

Instagram(インスタ)の運用に裏技はありません。仮にフォロワーをお金で買っても、飲食店の集客という意味ではほぼ意味がないのであまりおすすめの方法ではありません。こだわりを持って、コツコツとお店のことを発信してファンを集めていきましょう。

Instagramを使って飲食店の集客をする4つの基本