ランディングページ(LP)の構成の良し悪しで集客力は大きく違う?

ランディングページ(LP)の構成の良し悪しで集客力は大きく違う?

ホームページやインターネット上の他のコンテンツを見比べると、自然と楽しめるサイトと、そうでないサイトがあることが分かります。

何が違うかというと、ランディングページの構成の仕方です。

構成の善し悪しによって本当に集客力が違ってくるのかという点や、良いランディングページを作るときのポイントについて考えてみましょう。

ランディングページって何?

ランディングページはサイトを訪れた人が最初に目にするwebページのことです。

ほとんどのケースでランディングページというと、ある商品とかサービスのメリットについて書いてあり、商品の購入へと繋げるページのことを意味します。

最後のほうには商品やサービスの資料請求が出来るところがあったり、購入ページに繋がるリンクがあったりします。

ランディングページで決めるべきこと

ランディングページを作るときには、縦長の一枚完結型のページにするか、サイト型のページ構成にするかを決めなくてはなりません。

一枚完結型のページにすると、サイトを訪れた人は情報をすぐにチェックしやすいですし、購入に直結しやすくなっています。

しかしSEOの効果はあまり見込めないので、その点ではサイト型のページの方がメリットはあります。

ランディングページを構成するときには、どちらのタイプにするかをまず決める必要がありますよ。

ランディングページの作り方で集客力は変わるのか?

ランディングページの構成の仕方で、集客力は本当に変わってくるのでしょうか。

作成するときにどんな設定をするかによって、実は集客力はかなり違ってきます。

どんな設定をする事が大切なのでしょうか。

ユーザーにどのように情報を提供するかを設定する

提供する商品やサービスのメリットが、一番伝わりやすいように情報を提供する必要があります。
ユーザーに知ってもらい、購入まで繋げたい対象物の強みが、きちんと伝わるようなサイトにしなくてはなりません。
例えば、商品を購入したらユーザーの生活がどんな風に変わるかを、イメージしやすいようにしてください。
体験談を入れたり、商品を使った写真を挿入したりするのは効果的です。

ユーザーの目的別に構成する

商品の購入をしてもらいたいという目的なら、最初に大きなビジュアルを持ってくる構成にします。

その後に商品の特徴を知ってもらうための情報を書き込み、メリットなどを強調します。

次にすでに購入している人のコメントや、スタッフからのレビューを入れて下さい。

商品やサービスについての問い合わせを促す目的なら、上記の構成に加えて、問題提起をすることや問題解決を提案する部分を入れると効果的です。

最後の部分にクリックをさせるような、一押しのコメントを入れるのを忘れないようにしましょう。

ランディングページを上手に構成するポイント

ランディングページの構成をする時に、どんなポイントを意識すべきでしょうか。

  • キャッチコピー
  • 共感ポイント
  • 商品の紹介の仕方

ランディングページの構成でキャッチコピーは、とても大切な部分です。

サイトを訪れた人が、自分の希望通りのサイトに来たことを知ってもらったり、さらに記事を読み進めたいと思ったりするためには欠かせません。

キャッチコピーはページの左側に表示するか、メインの商品写真の左側に置くようにして下さい。

キャッチコピーの後にすぐに商品説明をするよりも、サイトの訪問者があるあると思わせるような共感ポイントを載せておくのは重要です。

共感できる心配事や普段もどかしく思っていることなどを、わかりやすいコピーで載せましょう。

それから商品の紹介をして行きます。

商品の紹介の仕方は、訪問者が商品自体と商品を購入した後の自分を、思い描けるような仕方で行なっていくのがベストです。

外観の写真と、誰かがその商品を使っている写真を使うのが効果的ですよ。

ランディングページを作るときの注意点

ランディングページを作るときは、自分でオリジナルの記事を書くようにして下さい。
商品を説明するときに訪問者が困っていることを、どのように提供している商品が解決してくれるのかきちんと説明しましょう。
いかにこの部分を具体的に書くかによって、集客率は大きく変わってきます。

まとめ:訪問者が何を考えているかを気にする

具体的に訪問者が困っていることを書くためにも、訪問者のライフスタイルやどんな事を考えているかなどの情報を、きちんと考えましょう。

サイトが成功するかは、お客さんの気持ちをつかめるかどうかです。

商品の購入層などをきちんとリサーチして、対象になる人たちにどんなニーズがあるかを考えるようにするのが重要です。

ランディングページの構成の善し悪しで、集客力は大きく変わってきます。

サイトの構成が上手くいっていれば、問い合わせ率や成約率は徐々に上がってきます。

訪問者の必要としていることなどをしっかりリサーチして、商品のメリットなどを伝えていくことが大切です。

ランディングページ(LP)の構成の良し悪しで集客力は大きく違う?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。