SNSを利用したマーケティングの方法・効果的な使い方

SNSを利用したマーケティングの方法・効果的な使い方

SNSは若い人だけではなく、多くの年代層が使うようになってきています。

生活の中に根付いてきていますが、そんな利用者が膨大なSNSを使ったマーケティングに注目が集まっています。

SNSを使ったマーケティングの方法や、効果的な使い方を調べてみましょう。

SNSを利用したマーケティングが必要な理由

スマートフォンが普及することによって、SNSの利用者は増加の一途をたどっています。

普段の会話だけではなくて、ビジネスにおいても欠かせないツールとなっているのです。

そんなSNSを使ったマーケティング手法が、大きな成功を収めています。

SNSが広まった初期は10代や20代が多く使っていましたが、最近の調査ではその年齢が50代にまで広がっています。

幅広い年齢層から情報を集められるために、SNSを使ったマーケティングが必要なのです。

SNSの効果的な使い方

ユーザー数の多いSNSの使い方は広告を出すとか、公式アカウントを作って新商品を宣伝するといった使い方があります。

しかしそれだけでは、SNSの本当の良さを生かし切れていません。

SNSを使って今のユーザーが何を求めているのかを、知ることが重要です。

どんな商品やサービスが求められているのか、特にどの年代がその商品を待っているのかといった点を、SNSを使ってリサーできます。

リサーチをする目的でSNSを使っていくことが、SNSマーケティングと呼ばれています。

各SNSの特徴のまとめ

SNSを効果的に使って行くために、どんな種類のSNSがあり、どのような特徴があるのか考えてみたいと思います。

  • Facebook(フェイスブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • LINE(ライン)

Facebook(フェイスブック)

フェイスブックはテキストや画像といったコンテンツだけではなく、リンク機能も持っています。世界中にユーザーがいるためにコンテンツも豊富ですし、ビジネスなどの現場でも普通に利用されています。個人名を記入して使うSNSのため、ユーザーの年齢層が住んでいる地域などを、ある程度正確に知ることが出来るのも役立つポイントです。

Twitter(ツイッター)

ツイッターは140文字という短いテキストで、メッセージをやりとりできる手軽さが魅力のSNSです。リアルタイムに、情報をやりとりできる特徴があります。意欲的に開発されているため、今後の拡張性に期待が持てますし、ハッシュタグを使って簡単に情報を検索できるシステムが評価されています。

Instagram(インスタグラム)

インスタグラムは、写真などの画像をメインに投稿できるSNSです。時間を限定して公開できる機能などもあり、ユーザーの使用頻度を上げる取り組みが成功しています。ユーザーの世界観を反映しやすく、芸能人の利用者も多くいます。

LINE(ライン)

一番国内で利用されているのがラインです。スタンプが豊富なために年齢を問わずに楽しみながら使えます。また、電話機能なども充実しています。ユーザー数が一番多いため、マーケティングする時には欠かせないSNSでしょう。

SNSを使う場合の注意点とは?

では、どんな点に注意すべきでしょうか。

先ずはSNSを使ったマーケティングの仕方を知りましょう。

SNSマーケティングの方法

フェイスブックは更新頻度を上げて、数多い利用者に注目してもらうようにして下さい。

写真はたくさん上げれば良いというわけでは無く、見てもらいやすい選りすぐりの物を、数枚載せるのが効果的です。

ツイッターはハッシュタグを使って、ユーザー達の間で何が今注目されているのかを知ることが出来ます。

投稿するときには、相手にダイレクトに届きやすい短いメッセージにするようにして下さい。

インスタグラムは女性ユーザーが多いため、ファッションや美容関係のマーケティングとして使うことに適しています。

SNSを使うときの注意点

投稿する動画などは短くするようにして、すぐに要点や訴求ポイントが訪問者に分かるようにしましょう。

フェイスブックなどは、1日にたくさん投稿しすぎると、非表示にされることもあるので気を付けて下さい。

ツイッターは、リアルタイムでのやりとりが重要となります。

自社の商品などが取り上げられたときには、すぐにお礼を言うなどの対応を取って下さい。

SNSを使ったマーケティングは本当に成功するのか

SNSマーケティングを実践している企業や個人経営のお店などは、着実に成果を出しています。

アイスなどの新商品をSNSを使って宣伝している企業では、商品の注目度が高まっていることを実践しています。

特に写真を上手に使って、今そのアイスを食べたくなるようにしたり、その商品を使うことで、自分もセンスの良い写真を撮って投稿できるかもという気にさせたりしています。

地方のPRに最適

SNSマーケティングは、地方のマニアックな商品を紹介するのにも効果的です。

地方には都心部には無い風景があるため、美しい風景と商品を組み合わせてフォトジェニックな写真をフルに活用できます。

まとめ

リアルタイムに話題になっているキーワードをSNSを使ってリサーチして、より訴求力のある広告を作っている企業もあります。

SNSを利用したマーケティングの方法や効果的な使い方を知ると、今の時代に合った手法であると理解できます。

それぞれのSNSの特長を活かして、マーケティングを行なっていきましょう。

SNSを利用したマーケティングの方法・効果的な使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。