現代テレマーケティングと海外の関係性

現代テレマーケティングと海外の関係性

テレマーケティングと言えば、昔からビジネスにおける主要な営業活動の1つとして、様々なノウハウが確立しているマーケティング手法ですが、グローバル化が進む現代においては、「いかに海外要素を組み込むか」という部分が成否を分ける大きな要因になってきています。

では、テレマーケティングを活用して成果をあげている企業はどのように「海外」と関連付けているのでしょうか? この記事でご紹介します。

テレマーケティングの根底の歴史

テレマーケティングとは、電話で顧客と連絡をとり、商品やサービスの販売および成約に結びつけるためのマーケティング手法です。 1960年代に米国で生まれと言われているこの手法は、やがて世界へと広がり、日本では1980年代に欧米のコールセンターを目指す形で始まりました。

テレマーケティングには、カスタマーサポートや受付業務など顧客から電話が掛かってくるのを待つ「インバウンド方式」と、顧客に電話を掛け、積極的に商品の紹介や販売を行う「アウトバウンド方式」の2種類があります。

日本ではまず、インバウンド方式のテレマーケティングが導入されはじめ、カスタマーサポートや受付業務が中心でした。保険会社の事故受付、エレベーターの保守管理、テレビショッピングや折込チラシによる通信販売の注文受付などです。

テレマーケティングを専門とする代行業者が発足し始めたのが1980年代後半で、現在の原型ともいえるアウトソーシングのテレマーケティングが注目され始めます。企業側から顧客へアプローチをするアウトバウンド方式が導入され、成果をあげるためのテレマーケティングを利用する動きが活発になっていきました。

ネット社会真っ只中の今だからこそテレマーケティング

1970年代に、昭和を代表する黒電話が登場し、1980年代後半〜1990年代にかけて親機と子機に分かれた家庭用電話機が普及していきました。 1985年に「ショルダーホン」が発売され、1987年にはさらに軽量化・小型化された携帯電話が誕生しています。

そこから小型化と機能の充実が繰り返され、 現代のような携帯電話へと変貌していき、各人がスマホ端末を持ち いつでもどこでもインターネットにアクセスできるネット社会へと進化していったのです。

現代では、誰もがインターネットの世界の住人であり、 誰もが常にネットと接続していると言っても過言ではありません。 それに伴い、インターネットを活用したビジネス手法は日々誕生していますが、 だからこそテレマーケティングという古くからある手法もまた注目を集めています。

SNSで友達がつぶやいていることや、ネットの口コミなども確かに重要なビジネス要素の1つではありますが、 電話で直接話すことにより、顧客をより深く理解することができ、営業効果も高くなると言われています。

メールで送る文章での営業より、電話を使って肉声で営業した方が成約率が高いことは言うまでもありません。

ですが、無闇に見込み客に電話をし続ければ良いと言うことでもありません。 テレマーケティング専門の部署を設けるか、少人数の企業であれば外注などをうまく活用することで、電話部隊は電話先の相手に一点集中をすることができ、効果もあがるのです。

大手のテレマーケティング事情

さて、それでは成果をあげている企業はどのようにテレマーケティングを活用しているのか、その具体例をみていきましょう。

1つには、「テレマーケティングの拠点を地方に移す」ということで結果を出している企業があるようです。

都会の一等地で電話部隊を抱えることは、それなりにコストがかかります。 土地代も高いですし、人件費も高くつきます。

コストがあがることで、営業部隊へのノルマも高くなり、離職率が上昇傾向にみられることもあるようです。

一方、地方に拠点を移すことで、土地代や人件費などのコストが軽減されます。 地方としても雇用の確保に繋がりますし、win-winであると言えます。

これは裏を返せば、テレマーケティングを専門で取り扱う外注企業も地方から探すことにより、値段を抑えられる可能性があるということにもなりますから、もし外注をする際には地方の委託業者も検討してみると良いと思います。

テレマーケティングと「海外」の関係性

さて、この記事ではテレマーケティングと海外の関係性をご紹介すると言いましたが、大きく2つあると考えています。

1つは、インバウンド方式のテレマーケティングにおいて、海外の外注先または日本に住む外国人の起用などがあります。

人件費の削減に繋がるからです。 カスタマーサポートや注文受付など、マニュアル化できるものについては物価の安い海外に拠点をおくか、もしくは外国人を雇用することにより、大幅なコストダウンを実現することができ、浮いた分の資金をさらに強力なマーケティングに割り当てて成果を増幅させることもできるでしょう。

もう1つは、海外に対してアウトバウンド方式のテレマーケティングを仕掛けるものです。 海外進出に向けたアンケートやモニター募集、商品やサービスの販売および制約などをテレマーケティングを活用して行うのです。 海外進出となると、敷居が高いようにも感じますが、海外に対応している外注企業もあるため問題なく行えるでしょう。

ネット社会となった現代では、何かとインターネット上で完結されるようなビジネスモデルや最先端の技術を駆使したマーケティング手法などが注目されがちですが、賢い企業はすでにアウトソーシングをうまく活用して、インバウンド・アウトバウンドどちらでもテレマーケティングを導入しているようです。

まとめ:テレマーケティングは海外を活用すべき!

今回はテレマーケティングと海外の関係性についてご紹介しました。 テレマーケティングは、確かに昔からあるマーケティング手法であり、一見すると古びたテクニックに感じる人もいるかもしれませんが、これだけ長い年月がたっても廃れるどころか活発になり続けているところをみると、効果はすでに保証されているようなものだと思います。

「海外要素」をうまく活用したテレマーケティングを導入してみてはいかがでしょうか?

現代テレマーケティングと海外の関係性