ホームページから集客できてますか?効果のあるホームページ制作とは?

ホームページから集客できてますか?効果のあるホームページ制作とは?

昨今、ホームページによる集客が改めて見直されつつあります。

簡単なものであればすぐに作ることができますが、はたしてそのホームページで本当に集客できるのでしょうか?

ホームページはただ作ればいいというわけではありません。

今回は集客アップに繋がるホームページについて紹介していきます。

ホームぺージの集客効果

最近では情報を伝えるためのメディアのうち、紙に印刷されたもの、新聞や雑誌、書籍やチラシなどを紙媒体と言いますが、それよりも特に、オンラインマガジンのような電子媒体の方が非常に集客率アップに効果的であり、重要視されています。そのため、ホームページを新規で制作したい!リニューアルしたい!と考えているのですが、一体どこの会社に依頼すればいいのか分からない、また、ただホームページ制作をしても仕方がない、集客に繋がるホームページが欲しい!などでお悩みの方も多いようです。

それはやはりネットが便利な社会になり、何をするにもネットで可能な時代になった今だからこそ、より多くの人が簡単に目にすることのできるのがWEB上の広告であり、そこで宣伝したいというのはいたってシンプルなことです。そして、インターネットがよく分からない会社様でも、ホームページを活用した集客の方法があります。

そうして今、ホームページ戦略に成功し受注が取れる会社が増えていますので、ホームページ制作は絶対にした方がいいです。ホームページをつくっていない会社様はちゃんとしたホームページ制作をするだけでも集客が見込めますし、ちゃんと利益になります。

集客アップのためのホームページづくり

まずはホームページでご紹介するサービス特性を十分に理解し、どのようなキーワードでインターネットで検索をしている見込み客が来ると問い合わせや資料請求に繋がるかをしっかり調査した上で、競合他社の分析も行います。そうして集客に強いSEO対策のされたホームページ制作をします。

これぞ会社の売り上げが上がるための集客アップの為のホームページを制作でしょう。ホームページのデザインは、キレイでかっこいい方がいいのですが、それだけでは良いホームページとは言えません。訪問したお客様が自社のサービスや商品をしっかりイメージでき、魅力的に感じなければ意味がありません。

それならただホームページを見るお客様がいても、集客も伸びなければ、利益も増えません。興味を持った見込み客が、もっと詳しく知りたいなと思った時に、詳細情報がちゃんと掲載されていたり、問い合わせ方法がすぐにわかるようなデザインへと考慮する必要があります。見込み客のユーザー心理を考慮した上で、デザイン設計をする事が非常に重要になるのです。

また、最近では、スマートフォンの普及により、簡単にスマートフォンでネット検索ができる時代。パソコンよりスマートフォンでインターネットを利用する見込み客が大変増えています。

スマートフォンでは、文字が小さくて、読みにくい従来のホームページではなく、スマートフォンの際には、スマートフォンの画面で見やすいデザインに自動的に変換されるようなレスポンシブデザインを考慮する事も非常に重要です。そうすることにより、より多くの見込み客がホームページを見てくれるようになる可能性が高くなるのです。

ホームページのターゲットを考えよう

また、どのような人をターゲットにするのかを考えることも大事です。ターゲットを設定することは、プランニングの基本であります。まず、ざっくりとしたターゲットとしては、性別や年齢層、収入といったくらいでOKです。

そこからさらにターゲットの人物像を深掘りして、架空の人物設定を何パターンかつくりあげましょう。名前、家族構成や居住地、勤務先、業務内容、休日、趣味、性格、人間関係などを細々と設定していくと、ターゲットの具体的な人物像が浮かび上がります。これをペルソナマーケティングと言います。

こういったターゲットの人物像をつくりあげることによって、ターゲットがどんな行動をとるのか、どんなニーズを抱いているのかを具体的にイメージすることができ、またそのイメージをチームで共有することが可能です。

このニーズの聞き出しは接客業でも大事なことであり、何を何でいつどういう風に使うから、など何故欲しいか、もしくは何となく欲しいか、など聞き出し購買意欲に繋がるため重要なのです。

これは企業対お客様の関係上大変重要なことなのです。だからこそ見込み客を想ってのホームページ制作でなければ集客は伸びない、ということです。

ホームページの効果は社内のモチベーションにも繋がる

ホームページ制作することのメリットはそれ以外にも多くありますが、実は対外的なもの以外に、社内に対しての効果も非常に大きかったりします。

自社のホームページが洗練されていれば、従業員たちのモチベーションが上がることはもちろんのこと、経営理念や風土、ブランドイメージがうまくまとめられていると、愛社心や帰属意識を強めることにもつながりますので、従業員もよりよい仕事をしてくれます。

また、従業員たちのモチベーションが上がるようなホームページというのは、採用にも大変大きな効果があるということです。こんな会社で働いてみたい、この会社の考え方が好きだ、こんな会社なら一緒にいい仕事が出来るなどと思われるでしょう。

このように思ってもらえるホームページなら、おのずと自社と親和性の高い人材が集まり、さらに良い会社になること間違いなしです。そうすれば正の連鎖が起きるのです。人間とは結局感情的な生き物です。仕事とはいえ私情を挟みます。

その心理をうまくコントロールできれば会社も従業員も大変居心地のいい会社になるでしょう。

まとめ

いいホームページを作るということは、外部からの集客はもちろん、社内でのモチベーションがあがります。

ホームページ制作による効果で社外にも社内にもよりよい影響を与え、集客アップを目指しましょう。

さらに集客をしたいのであれば、SEO施策も行なっていくことが重要です。

SEOについては別の記事で説明していきます。

ホームページから集客できてますか?効果のあるホームページ制作とは?