何故ホームページの制作に失敗するのか?押さえておくべき原因

何故、ホームページの制作に失敗するのか?押さえておくべき原因

時間を掛けてホームページを作ったのに、全然訪問者が来ないときは、どうしてなのかと不思議に思うかも知れません。

訪問者が最初のうちは来たけど、今は誰も来ないと言う事もあり得ます。

ホームページ制作に失敗しやすい原因を取り上げてみましょう。

ホームページ自体の問題

ホームページを作るときに、かっこよいページを作ろうとデザインばかりに凝ってしまうと失敗してしまいます。

見た目のいいデザインのホームページが、良いサイトとは限りません。

あくまでも訪問者が使いやすく、内容が整理されて見やすいサイトが良いホームページです。

コンテンツが貧弱

ホームページの中に載せられているコンテンツが、訪問者にとって役立たないときにも失敗します。

自分の企業をアピールするだけや、ある商品の紹介ばかりだけのサイトは成功しません。

訪問してくれた人にとって企業がどんな貢献をするのかとか、宣伝している商品を使うと、どんなメリットがあるかを明快に説明しているコンテンツが必要です。

ホームページの目的を考えていない

ホームページを作ること自体が、ゴールになっていると失敗します。

どうしてホームページを立ち上げるのかを、きちんと考えなくてはなりません。

内容を詰めすぎてもユーザーは読むのに疲れてしまうので、入れる内容を整理して必要最低限に的確な内容をいれることをおすすめします。

目的がはっきりしていないと、結局何を言いたいのか分からないサイトとなり、訪問者に訴えるものが何も無くなってしまいます。

ホームページの制作業者に問題があった

もしホームページの制作を業者に依頼したなら、その業者に問題があって失敗することがあります。

制作費の安さだけを見て業者を選んでしまうと、手を掛けていないどこにでもあるようなホームページが出来上がってきます。

一般のテンプレートを使ったサイトなどを作られると、検索エンジンの上位には表示されません。

ホームページの制作業者任せにしてしまう

ホームページの制作を依頼するときに、全てを業者任せにしてしまうのは危険ですので気を付けて下さい。

こちらのサイトを立ち上げる目的や目指していることを細かく伝えたり、イメージしているサイトやコンテンツの内容を細かく伝えたりすることは大切です。

サイトのターゲットなども明確にしておくと、失敗しにくいホームページが出来上がるでしょう。

SEO対策が出来ていない

ホームページを作るときに、SEO対策が出来ていないと失敗します。

例えば、自分のサイトをSNSで全くシェアしていないなら、検索エンジンに注目してもらえないことがあります。

SNSで頻繁にシェアされているサイトは、ユーザーから好かれているとか関心を持たれているというサインのため、検索結果の上位に登場しやすくなると言われています。

ページの表示スピードが遅い

サイトを作ったときに、やたら高画質の画像が多いとか、動画が多いとページの表示スピードが遅くなります。

ユーザーが使いにくいサイトとなるため、SEOとしては不利になってしまいます。

ページに載せる画像のサイズを小さくしたり、JavaScriptを読み込まないようにしたりして下さい。

サーバーを切り替えることにより、処理速度をアップさせる方法もあります。

サイトの地図を忘れない

ユーザーが自分のサイトを訪れたときに、自分がどこにいるのかがすぐに分かるような地図を用意しておきましょう。

パンくずリストなどとも呼ばれていますが、ホームページの右上か左上に、ページの階層を並べたリンクを表示してください。

左欄に、サイトマップなども用意しておくのはおすすめです。

サイトの作りが一目で分かるようになっていると、ユーザーだけでは無く、検索エンジンのクローラーがサイトを巡回しやすくなりSEO対策となります。

クローラーのために、検索されやすいキーワードやタグを付けておくのも重要です。

・ホームページの制作に失敗しない方法

ホームページの制作で失敗しないために、覚えておきたいのはどんな点でしょうか。

  • どうしてホームページを作るのか
  • 何を一番ユーザーへ伝えたいのか
  • サイトの制作予算はいくらか

最初に決めておきたいのは、ホームページのコンセプトです。

どうしてホームページを作るのかをきちんと決めておくことで、ぶれないサイト作りができるでしょう。

制作会社に依頼するときにもコンセプトが決まっているなら、はっきりとこちらのイメージや意図を伝えることが出来ます。

行き違いを防ぐことが出来ますし、いざサイトが出来上がったときに、思っていたものと違うなどのトラブルを避けられますよ。

コンセプトが決まった後は、ホームページ全体を通して何を一番伝えたいのかを決めるようにしましょう。

一番伝えたいことをキーワードとして決めて、その後そのキーワードに関係したコンテンツを用意してください。

最後にホームページの制作予算を決めておくと、どこを自分で作業して、どこを業者に依頼するかなどを決められます。

まとめ

ホームページを作るときに失敗してしまうのには、幾つかの原因があります。

訪問者が増え続けるサイトを制作することは可能ですので、色々と試していきましょう。

何故、ホームページの制作に失敗するのか?押さえておくべき原因